RidersVoltNakaYosi

 

☆バイクの種類と特徴☆

主な種類と特徴

nakid

・ネイキッドタイプ

scouter
・スクータータイプ

amerikan
・アメリカンタイプ

offroad
・オフロードタイプ

street
・ストリートタイプ

racer
・レーサータイプ

tour
・ツアラータイプ

classic
・クラッシックタイプ

classic2

 

  • ネイキッド
  • スクーター
  • アメリカン
  • オフロード
  • ストリート
  • レーサー
  • ツアラー
  • クラッシック

 

最もオーソドックスな
タイプがネイキッドです。

特徴として、
丸目ライト
カウル無し
バーハンドル

外装カバーが
取り付けられていないので、
エンジン部分が剥き出しに
なっている状態です。

エンジン周り等をカスタムすると
デザイン性がグッと高まります。

ネイキッドタイプは
エンジン周りにこだわる方が
多いのも特徴です。


 

 

  • 50ccのスクーター
  • 90~125cc
  • 250cc
  • 400cc
  • 750cc
  • 1000cc~

★免許が簡単

★任意保険代金が安い

★置く場所が小さい

☆税金が1年で1000円

★何処にでも乗って行って止めても迷惑がられない

★エンジンがカウルに覆われているので故障が少ない
外に止めていてもさほど錆びない。

★新車でも15万くらい 中古だと4万くらいで買える

 

 

 

★スクーターと同じ使用方法だが免許を持っているし
速く走りたい、又は2段階右折の取り締まりから
解放されたい。

★免許の点数が原付だと良く捕まるので
捕まらないようにしたい。

★加速が良い

★原付より若干シートが広い

★2人乗りが可能

 


★車検がない排気量で1番大きいエンジン

★車検がなく登録だけなので簡単

★車検がないのでカスタムの規制がうるさく無い

★税金も1年で2600円と安い

★置き場所もやや小さめでいける。

☆ビックスクーターだと荷物が沢山入るし
クラッチがないので楽ちん

★中型免許での最高排気量

★エンジンも4気筒が多いので大型車と感じが近い

★250ccよりは大きいが大型より小さいので置き場所が少ない

★250ccでも高速は乗れるが同じ100Km走行の時
バイクの負担が小さい、横風の安定性が良い

★車種によっては160Kmくらい出る物もあるので
100Kmまでは楽々と無理なく走れる

★1番売れている排気量なのでカスタム部品が豊富

★税金と車検を入れても自分でユーザー車検にすると
1年間の維持費は12500円

 

 


☆昭和の1番初めのNo1売れ線バイク達

☆当初は国内で1番の大排気量だった
☆旧車の中に名車が多いがこのナナハンに多い

☆独特の排気量なので現在も人気

 

 


☆大排気量の充実感は体験すると
実用的以外で趣味だと下の排気量へは戻れない程の魅了
☆維持費は400ccと同じなので大型免許を
持っているならこれがベスト

☆場所が広いスペースが必要
☆取り回しも大変なのでコンビニまでに
毎回出すのは小型車、スクーターには勝てない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からいくと

☆バイクは1台では満足のいく形にはならない

☆近くは小さいバイクが便利

☆通勤は90cc~250cc位がベスト

☆スカッと飛ばしたいなら400cc以上
出来ることならリッターバイク

☆ツーリングはカウル付きがベスト

 

 

 

スクータータイプのほとんどが、
AT(自動変速車)車になります。

排気量によっては
「小型スクーター」
「ビッグスクーター」
と呼ばれています。

特徴は、
利便性が高く
種類豊富なイメージが
ありますが、

当初のスクーターは
今よりもデザイン性が
高いボディーではなく、
どれも似たようなタイプでした。

ですが、
ヤマハから発売された
ビッグスクーター
「マジェスティ」
が販売された事で、

デザイン性が高い
スクーターの火付け役となり、
各メーカーが揃って
スクーターに力を入れた事で、
今では種類も豊富にあり、
各メーカーのメインスクーターが
シリーズ化しているほどです。


  

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

このタイプで有名な
メーカーがあります。

それは
「ハーレー・ダビッドソン」です。

「ハーレー」と呼ぶ事もありますが、
「アメリカン」
現在のマスコミは
「クルーザー」と呼ぶ傾向にあります。

特徴としては、
やはりクールなデザインと
迫力あるマフラーの音です。

マフラーから出る迫力ある
重低音を響かせながら、
両足を広げゆったりと
座り道を走れば、

気分はまるでイージーライダーです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフロードタイプは、
Xスポーツで大活躍している
バイクになります。

モトクロス

仮面ライダーのバイク

特徴については、
舗装されていない荒地や
森などを走る為のバイクでしたが、

今では種類も豊富にあり、
色々なデザインのタイプもあります。

もちろん公道も走れます。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャブ

 

 

オフロードタイプを
街並みに合うようにした
デザインが
ストリートタイプです。

特徴として、
街に合わせたデザインは
ファッション性がより
高くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

カラー

 

 

 

 

 

 

レーサー

まさに レースに出るバイク

速く、とにかく速く

その為に風を流して抵抗を減らす
カウル

racer

コーナーを速く曲がれる為の
ワイドタイヤ

より速くする為の
軽量化の金属や強化樹脂

その、本物のレーサーに
似せた レーサーレプリカ

racerfzr

 

そして、現在のレーサー

now

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉のイメージで
ツアー 旅行 です
ツーリングなどに
最適な作りになっています

どこが

ハンドル
シート
のポジションです。

もう1つの大きな特徴は
カウルにあります。

長時間の風は体に
ダメージを与えます
その、風を遮るカウルです。

カウルがあるのは
レーサーレプリカがフルカウル

レーサータイプと
このツアラーです。

又、パニアケースが
付いているタイプもあります

小型車はありません
基本が旅行ですので
それに耐えれるエンジンなので
1000cc以上だと考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前から想像してください

クラッシック

古い

昭和です

代表的なメーカーは

トライアンフです

イギリスのメーカーですね

川崎のW1

W650

エストレア

などと考えてください。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

NakaYosi

         TOPへ戻る