RidersVoltNakaYosi

☆バイクの魅力☆

miryoku
バイクや車には、
それぞれ魅力があります。
好みの乗り物は
人それぞれになります。

しかし、
バイクや車の魅力を
考えた時に車はイメージが
しやすいと思いますが、
バイクの場合は、
乗った事がない方には
イメージしづらいかと思います。

こちらでは、
バイクの楽しさや
魅力などをご紹介
させていただきます。

【色々な魅力】

・ツーリングの楽しさ

turing

・体で感じる

wind

・利便性が高い

 

・燃費が良く駐車しやすい

  • ツーリングの楽しさ
  • 体で感じる
  • 利便性が高い
  • 燃費が良く駐車しやすい

 

仲間と共にするツーリングは、
ひとりの時とまた違った
楽しさがあります。

tour

バイクは基本ひとり
になりますので、
運転手は「自分」
という事になります。

そういった中で、
複数で行くツーリングは、
同じ目的地を目指す
目標がありますので、
一体感や仲間意識を
強くしてくれます

tour

ツーリングは、
お互い離れて運転
していますが、
無線を使いながら
会話ができるので、
違った楽しみもあります。

 

  • 50ccのスクーター
  • 90~125cc
  • 250cc
  • 400cc
  • 750cc
  • 1000cc~

★免許が簡単

★任意保険代金が安い

★置く場所が小さい

☆税金が1年で1000円

★何処にでも乗って行って止めても迷惑がられない

★エンジンがカウルに覆われているので故障が少ない
外に止めていてもさほど錆びない。

★新車でも15万くらい 中古だと4万くらいで買える

 

 

 

★スクーターと同じ使用方法だが免許を持っているし
速く走りたい、又は2段階右折の取り締まりから
解放されたい。

★免許の点数が原付だと良く捕まるので
捕まらないようにしたい。

★加速が良い

★原付より若干シートが広い

★2人乗りが可能

 


★車検がない排気量で1番大きいエンジン

★車検がなく登録だけなので簡単

★車検がないのでカスタムの規制がうるさく無い

★税金も1年で2600円と安い

★置き場所もやや小さめでいける。

☆ビックスクーターだと荷物が沢山入るし
クラッチがないので楽ちん

★中型免許での最高排気量

★エンジンも4気筒が多いので大型車と感じが近い

★250ccよりは大きいが大型より小さいので置き場所が少ない

★250ccでも高速は乗れるが同じ100Km走行の時
バイクの負担が小さい、横風の安定性が良い

★車種によっては160Kmくらい出る物もあるので
100Kmまでは楽々と無理なく走れる

★1番売れている排気量なのでカスタム部品が豊富

★税金と車検を入れても自分でユーザー車検にすると
1年間の維持費は12500円

 

 


☆昭和の1番初めのNo1売れ線バイク達

☆当初は国内で1番の大排気量だった
☆旧車の中に名車が多いがこのナナハンに多い

☆独特の排気量なので現在も人気

 

 


☆大排気量の充実感は体験すると
実用的以外で趣味だと下の排気量へは戻れない程の魅了
☆維持費は400ccと同じなので大型免許を
持っているならこれがベスト

☆場所が広いスペースが必要
☆取り回しも大変なのでコンビニまでに
毎回出すのは小型車、スクーターには勝てない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からいくと

☆バイクは1台では満足のいく形にはならない

☆近くは小さいバイクが便利

☆通勤は90cc~250cc位がベスト

☆スカッと飛ばしたいなら400cc以上
出来ることならリッターバイク

☆ツーリングはカウル付きがベスト

 

 

 

車は、運転席の周りが
囲まれているので、
バイクほど肌で感じる
ことができません。

wind

バイクは囲いがない分、
全身で感じる事ができます。
風・雨・太陽などを
全身で感じながら道路を走ると、

地球と一体化しているような
気分が味わえ、
爽快な気持ちになります。

特に、

san
太陽がまぶしいほどの
すがすがしい日は、
とても風が気持ち良く
景色や風景を
ゆったりと楽しめ、
心が癒されます。

気分転換にも最適な乗り物です。

  

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

遠出でも楽しめる
バイクですが利便性が
高い特徴もあります。

benri

例えば電車で行くには
近すぎて、車で行くには
遠すぎる状況になった時、
どの手段で行くか
悩まれると思います。

そういった悩みも、
バイクは非常に
役に立ちます。

バイクは気軽に乗れて、
近くの場所から
遠い場所へも
利用しやすい乗り物です。

 

  

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

また、車と比較した時に
燃費も安く抑える事が
できますので、

nenpi

経済面でも有効な
手段といえるでしょう。

また、車は駐車場スペース
に限りがある施設が多く、
駐車場が埋まって
しまった時には、
長時間待たなくてはならない
場合も考えられます。

そういった問題も
バイクでは、
車のスペースよりは
幅をとりませんので、

駐車スペースが
見つかりやすく、
満車となる場合も
ほとんどありません。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

NakaYosi

         TOPへ戻る