RidersVoltNakaYosi


☆マフラーの基礎知識☆

muffler

バイクが好きな方の中には
カスタムをして楽しんでいる方 が
沢山いると思います


バイクをカスタムする部品で
もっとも人気があるのは
マフラーです。


ほとんどの方が
マフラーを選ぶとき、
フォルム、パワー、サウンド、
価格から決めていると思います。

これらの選択肢に
素材も入れてみましょう。

muffler2

マフラーは金属でできているので、
使っている金属次第で
大きく性質が変わります。

マフラーの素材と特徴

・ステンレス

stainless

・カーボン

carbon

・チタン

titan

・スチール

steel

  • ステンレス
  • カーボン
  • チタン
  • スチール

 

一般的なマフラーの素材です。


アルミやチタンに比べて強度が高く、
錆びにくいというところが長所です。


強度が高いので薄くて
軽いマフラーに仕上げることができ、
また比較的価格が安いので
マフラーの価格を抑えることができます。


ステンレスは熱で変色
しやすいことが短所となりますが、
焼け取り剤で落とせます。

 

  • 50ccのスクーター
  • 90~125cc
  • 250cc
  • 400cc
  • 750cc
  • 1000cc~

★免許が簡単

★任意保険代金が安い

★置く場所が小さい

☆税金が1年で1000円

★何処にでも乗って行って止めても迷惑がられない

★エンジンがカウルに覆われているので故障が少ない
外に止めていてもさほど錆びない。

★新車でも15万くらい 中古だと4万くらいで買える

 

 

 

★スクーターと同じ使用方法だが免許を持っているし
速く走りたい、又は2段階右折の取り締まりから
解放されたい。

★免許の点数が原付だと良く捕まるので
捕まらないようにしたい。

★加速が良い

★原付より若干シートが広い

★2人乗りが可能

 


★車検がない排気量で1番大きいエンジン

★車検がなく登録だけなので簡単

★車検がないのでカスタムの規制がうるさく無い

★税金も1年で2600円と安い

★置き場所もやや小さめでいける。

☆ビックスクーターだと荷物が沢山入るし
クラッチがないので楽ちん

★中型免許での最高排気量

★エンジンも4気筒が多いので大型車と感じが近い

★250ccよりは大きいが大型より小さいので置き場所が少ない

★250ccでも高速は乗れるが同じ100Km走行の時
バイクの負担が小さい、横風の安定性が良い

★車種によっては160Kmくらい出る物もあるので
100Kmまでは楽々と無理なく走れる

★1番売れている排気量なのでカスタム部品が豊富

★税金と車検を入れても自分でユーザー車検にすると
1年間の維持費は12500円

 

 


☆昭和の1番初めのNo1売れ線バイク達

☆当初は国内で1番の大排気量だった
☆旧車の中に名車が多いがこのナナハンに多い

☆独特の排気量なので現在も人気

 

 


☆大排気量の充実感は体験すると
実用的以外で趣味だと下の排気量へは戻れない程の魅了
☆維持費は400ccと同じなので大型免許を
持っているならこれがベスト

☆場所が広いスペースが必要
☆取り回しも大変なのでコンビニまでに
毎回出すのは小型車、スクーターには勝てない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からいくと

☆バイクは1台では満足のいく形にはならない

☆近くは小さいバイクが便利

☆通勤は90cc~250cc位がベスト

☆スカッと飛ばしたいなら400cc以上
出来ることならリッターバイク

☆ツーリングはカウル付きがベスト

 

 

 

カーボンの特徴は
金属ではなくカーボンファイバー
という繊維でできている
ということです。


軽くて耐熱性や耐摩擦性が
高く丈夫だということが長所で、
バイクのフェンダーやカウル、
レーシングカーのボディーなど
幅広く使われており、
カーボンファイバーの独特の風合いが
ドレスアップ目的のマフラーとして人気があります。

価格が高いことと
割れやすいことが
短所となります。

 

 

  

 

  • ライト
  • ウインカー
  • テールランプ
  • ストップランプ
  • メーター
  • ニュートラルランプ
  • その他

ライトがつかない

★ハイはつくがローがつかない
バルブが切れています。交換しましょう

★ハイもローもつかない

バルブを外し電源に接続テストしてみましょう
つくなら配線が悪い可能性大です。
可能性としてレギュレイターの過充電のおそれありです。

単なる接触不良も疑いましょう。

★どちらにしてもテスターが必要です。

 

★ウインカーが1つだけつかない
バルブ切れです。  交換しましょう

★ウインカーが左だけ前後ろ共につかない
接触不良の可能性かリレーの疑いありです。

テスターが必要です。

★テールランプがつかない

バルブ切れの可能性あります。
カバーを外してバルブの点検をしましょう。

★接触不良の可能性があります
バルブを動かしたり抜き差ししましょう。

★だめならテスターで電気が来ているか計りましょう。
来ていないなら配線をたどってハーネスの分岐点を計ります。

 

★ストップランプが全くつかない
バルブ切れの疑いありです。
バルブを外して点検しましょう。

★バルブは切れていないのに前、後ろのどちらかがつかない
ブレーキスイッチの接触が悪いか引っ張るバネの調整ミス
接点を磨き線を差し直す。
後ろブレーキはバネ式が多いので調整をやり直す。

★メーターの照明が付かない
メーター内のバルブ切れです。
バルブ切れがほとんどですが、
作業が意外手間を取るしバルブがない場合が多いので
作業工賃はかかるがお店で変えて貰うのが得策かも。

 

★ニュートラルランプが付かない
バルブ切れの可能性はありますが、
昨日まで付いていたのに付かないなら
センサーの不良が考えられます。
バイクに慣れているなら諦めると言う手もあります。

★バイク店へ持ち込みましょう
単なる接触不良の時もあります。

最悪センサーの交換になります。

 

 


 

 

 

 

 

軽くて強度が高く、
錆びにくいマフラーでしたら
チタンがおすすめです。


スポーツカーやレース用バイク
など高性能なバイクに
よく使われており、

入れ歯などにも使用されるぐらい
安全な金属です。


チタンに熱処理を加えると
独特の美しい虹色の模様が
できるところもチタンの
特徴となります。


強度が高い分、加工に手間取るので
値段が高くなってしまっている
ということが短所です。

 

  

 

  • ブレーキの効きが悪い
  • ブレーキを踏むとフワフワしている
  • ブレーキをかけるとキーと言う音がする
  • ブレーキレバーを握るとグリップまでつく
  • ブレーキを踏むと底までつく

★ブレーキの効きが悪い感じがする
前だけ、後ろだけでかけてみてどちらか確定しましょう

★前の利きが悪い
ドラム式ならタイヤを外さないといけないのでお店にどうぞ
ディスク式ならキャリパーを外してパットの厚さを確認
あまりないなら交換の用意を まずは部品の注文を
ご自分で交換可能です。

ブレーキを踏むとフワフワしている場合は
後ろのブレーキホースにエアーが入ってます
自分でやってみても良いと思います。
汚れたく無い方はお店へどうぞ

★簡単な場合はエア抜きのみで直ります。
最悪はホース交換となります。

 

★ブレーキをかけるとキーと言う音がする
ディスク板とパットの摩擦音です。
★基本パットの交換時期のお知らせ音です。

ご自分で交換可能です。
部品の注文をどうぞ

★ディスク板とパットの間に雨水に入ってる小さな
ごみなどが挟まっているだけの可能性もあります。
1度キャリパーを外して接点を確認しましょう。

 

★ブレーキレバーを握るとグリップまでつく

エアーかみと、ブレーキオイルが不足してる可能性ありです。

ブレーキのマスターシリンダーのキャップを開けて
ブレーキ液の量を確認、少なければ足してエアー抜きを。

 

★後ろブレーキを踏むと
全部踏んでもかすかにしか利いていない

調整部分のバネが縮みきっていないなら
まだ、調整のみで利くようになる場合があります。

 

 

 

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 

加工がしやすいので
デザイン性に優れています。


スチールの最大の特徴は
他のマフラーに比べて
低音のサウンドで、
そのサウンドがこだわりのある
ライダーからの人気が高いそうです。


比較的他の素材のマフラー
より安いので手に入れやすくなっています。

加工を施さないと錆びやすい
ということと重いことが
短所となります。

  

 

  • 車体
  • エンジン
  • 足回り
  • 装備
  • カラー
  • その他

スペック

 

車体

 

エンジン

 

足回り

 

装備

 

カラー

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 

 

  • 車体
  • エンジン
  • 足回り
  • 装備
  • カラー
  • その他

スペック

 

車体

 

エンジン

 

足回り

 

装備

 

カラー

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 

 

  • 車体
  • エンジン
  • 足回り
  • 装備
  • カラー
  • その他

スペック

 

車体

 

エンジン

 

足回り

 

装備

 

カラー

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 

 

  • 車体
  • エンジン
  • 足回り
  • 装備
  • カラー
  • その他

スペック

 

車体

 

エンジン

 

足回り

 

装備

 

カラー

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 

  

 

  • スペック
  • 車体
  • エンジン
  • 足回り
  • 装備
  • カラー
  • その他

スペック

 

車体

 

エンジン

 

足回り

 

装備

 

カラー

 

 

 

  • バッテリー
  • タイヤ
  • ミラー
  • レバー
  • シート
  • ライト
  • ブレーキ
  • メーター
  • パット
  • マフラー
  • キャブ

バッテリー

タイヤ
ミラー
レバー
シート
ライト
ブレーキ
メーター
パット
マフラー
キャブ

 

 


 

 

 

 

NakaYosi

         TOPへ戻る